BIOMINより2017年度アジア ニュートリション フォーラムのご案内

2017年8月9日 -- アジアにおける動物の健康と栄養学における最新の様々な課題について数百人の食品分野、飼料業界の研究者、教育機関の方々をお招きし、2年に1度アジア ニュートリション フォーラムが開催されております。 高いレベルの科学的な内容で参加者同士のつながりや共同研究のきっかけや相互の情報、経験、最も望ましい対策など交流の場としてのチャンスでもあります。

‘アジアのタンパク質経済を司る’ が、今回のテーマになっています。“世界の人口が2050年には90億人と現在の75億人から増加することが予想され、食品の需要増加、特に栄養としてのタンパク質の需要の増加が見込まれます。アジアは世界の面積の30%を占め、人口的にも60%を閉めているといわれており、その需要はアジアから発生していると言っても過言ではありません。そのため、業界においては最新の技術をもってアジアの品質の高い、安定した供給のできるタンパク質の生産を司ることは重要です。”とBIOMIN Asia Pacific責任者の Marc Guinnementは語っています。

今回の2017年度アジア ニュートリション フォーラムは業界の最高レベルの専門家による アジアのタンパク質経済の将来を以下に運営してゆくかを紹介します。大会の中では、近年増えつつあるアジアにおける抗菌性成長促進剤を用いない家畜の生産の主な課題に触れます。また、講師よる鶏と豚の生産における様々な話題についてもお話させて頂きます。

世界ニュートリション フォーラムの地域版としてアジア ニュートリション フォーラムはBIOMINの主催により、2005年から開始されており、業界の皆様に知識の習得、情報交換の場としてトップレベルの会合としての位置を維持しております。この2年に1度の会は参加者の皆様からも高い評価を得ています。毎回様々な場所で開催され、常にトップレベルの内容、参加者によって維持されています。

詳細な情報は以下のリンクからご覧いただけます。 http://anf.biomin.net.