Mycofix®

Mycotoxin Risk Management

カビ毒のリスク管理の解決策

Mycofix®シリーズは、飼料中のカビ毒(マイコトキシン)を不活性化することで家畜・家きんの健康を守るために特別に開発されたカビ毒対策資材です。Mycofix®は、家きん、豚、反すう家畜、養殖魚およびエビの飼料用としてお使いいただけます。

普遍的な問題、カビ毒

様々な頻度やパターンで発生し、数百種類にものぼるカビ毒。複数のカビ毒が共存することで相乗的に問題を引き起こすこともあり、カビ毒対策には独創的で、かつ、的を絞った製品の必要性が重要視されています。

Mycofix®の科学

の効果の鍵は、3方面からのカビ毒コントロールです:

生物学的変換

Mycofix®シリーズに含まれている特許取得済みの生体成分が創り出す特殊な酵素が、トリコテセン、ゼアラレノン、オクラトキシンAおよびフモニシンの分子構造を変換させます。この生物学的な変換によりカビ毒が無毒化され、環境にも安全な代謝産物に変わります。

吸着

Mycofix®シリーズに含まれている厳選された吸着剤が、動物の腸管内でアフラトキシンや麦角アルカロイドなどの吸着性カビ毒と選択的に結合して固定します。この吸着作用により、体内へのカビ毒の取込み量が大幅に低下します。

バイオミンは、吸着剤を厳選することにより、Mycofix®シリーズで以下のことを可能にしました。

  • 低濃度で最大限のカビ毒吸着作用を発揮
  • 推奨最大量を添加しても、飼料中の必須栄養素やビタミン・ミネラル類は吸着しません。

生物学的保護

厳選された植物抽出物と藻類抽出物が持つ科学的に証明された生物学的な保護効果により、肝臓および免疫系をカビ毒の有害作用から保護します。

EUにおける承認

バイオミンのカビ毒対策資材がEUにおいて製造販売承認を取得しているということは、その効果について法的な根拠があるというだけではなく、製品の有効性および安全性について高い基準で詳細な審査を受けた結果であることを示しています。

バイオミンでは、カビ毒の研究を長年に渡って重ねており、Biomin® BBSH 797、FUMzyme®およびMycofix®シリーズの一部のMycofix® Secureに使用されているベントナイトについてEUにおける製造販売承認を取得するしています。現在のところ、EUによる承認の審査に適合し承認に至ったカビ毒対策品はこの3製品だけです。

Regulation (EC) No 1016/2013, No 1060/2013, No 1115/2014, No 2017/913 & No 2017/930

カビ毒の作用

この製品群に関するご質問がありましたら、お気軽にお問合せください。

一部内容は、全ての地域に適用できない場合があります。製品関連の内容は、各国の規定によって異なる場合があります。

製品のご提供については、国によって異なる場合があります。詳細につきましては弊社までお問い合わせください。