養牛の専門知識

バイオミンは、創業当時から養牛農家の経営をお手伝いして成功に導くことに尽力してきました。社内での独自の研究による革新的な製品群の開発から、農場での実際の飼養管理に至るまでの綿密な連携は、学際的専門家チームの努力の成果です。私たちは、順調で、収益性が高い養牛経営を最終目標としています。

私たちの反すう動物チームには、科学者、獣医師、栄養学者が含まれていて、それぞれが日々の生産業務についてあらゆる方面からの知識を提供しています。彼らの連携が、実際の農場での飼養管理によく適合して、さらに、科学的根拠がある効果が証明された、使い勝手の良い製品群を実現させています。

カビ毒(マイコトキシン)

現代の乳牛は、飼料のルーメン(第一胃)通過速度が以前と比べてずっと速くなっていて、ルーメン微生物が解毒に費やせる時間が短くなっています。現代の乳牛において、自らが持つ防御能が、しばしば想定されているほどうまく働くことが出来ないのは、おそらく、このことと、飼料摂取量が増えていることによるものと思われます。

もっと読む

子牛の育成

乳用子牛の育成の管理は過小評価されがちですが、今の子牛の能力が将来の乳量に大きく影響することは広く知られています。これは子山羊と子羊にも当てはまります。

もっと読む

乳生産

農場の全体的収益性を決定づける最大の要因は、飼育している乳牛の泌乳期あたりの産乳量と生涯の産乳量です。泌乳には多くの異なる因子が影響します。

もっと読む

飼料効率

飼料効率は収益性にとって鍵となる要素です。飼料価格が高くなると、飼料消化率を向上させて飼料効率を高めることが利益となります。飼料消化率の向上は、負のエネルギーバランス(NEB)を起こさずに産乳量を増加させることを意味します。

もっと読む

サイレージ

優良なサイレージ管理は収益性の高い養牛経営の鍵となりますが、サイレージの品質には多くの重要な因子が影響します。バイオミンの専門家は、サイレージの保存を高め、より良質のものにするための最良の方法をアドバイスできるよう訓練されています。

もっと読む

ルーメン(第一胃)性状と寿命

養牛を成功させる第一条件であるルーメンの健康状態を最良に保つには、ルーメン内のpHが最適であり、微生物数が多いことが重要です。ルーメンの性状を良好に保つことは、飼料の消化率と摂取量の向上につながります。

もっと読む

肉牛飼育

優良な牛肉生産には良質の飼料が不可欠です。牛肉生産の向上には、その他の要素に加えて、飼料摂取量の増加も関係します。

もっと読む

このトピックに関するご質問がありましたら、お気軽にお問合せください。