子牛の育成

乳用子牛の育成管理は過小評価されがちですが、今の子牛の能力が、将来の乳量に大きく影響することは広く知られています。これは子山羊と子羊にも当てはまります。

優良な育成管理の実務は子牛が生まれた瞬間から始まっています。生まれてから数日間の第一目標は、子牛の健康維持です。初乳の管理が最適に行われていても、様々な理由で下痢が起こることがあります。

バイオミンのコンセプトを取り入れて動物を育成すると、死亡率と投薬に要するコストが低減することが複数の試験によって示されています。飼料摂取量と飼料効率が上昇し、結果的に増体率が向上します。Soberonらによると、離乳前の子牛の日増体量が1 kgであれば、最初の泌乳期だけで乳量が850 kg増加します(P<0.01、n=1,244)。

製品

Digestarom®

Digestarom®

Digestarom®は、消化性と飼料効率を向上させるために、呈味成分と生物活性成分を組み合わせて特別に設計したユニークな製品です。Digestarom®は、家きん、豚、反すう家畜、魚およびエビ用の飼料と、ペットフードにお使いいただけます。

もっと読む

Biotronic®

Biotronic®

Biotronic®シリーズは、有機酸、無機酸およびその塩類を厳選して配合し、pHの低下作用および緩衝作用により、サルモネラ菌や大腸菌などのグラム陰性菌をコントロールして飼料および飲水の衛生状態を正常に保ちます。Biotronic®は、家きん、豚、子牛および魚用の飼料にお使いいただけます。

もっと読む

このトピックに関するご質問がありましたら、お気軽にお問合せください。